【出産・育児情報】カナダで産む前にやっておこう!

カナディアンベビー


今回は四コマ漫画では無いのですが、
カナダで出産予定の方のために
少しでもお役に立てれば…ということで

私自身が妊娠中に
やっておいて良かった・やっておけば良かった
と思う情報を以下に記載しておきたいと思います。




①ネスレベビープログラムに登録

ネスレベビープログラム


食品・飲料メーカーのネスレが提供している無料プレゼント。
登録すると出産予定日ちょっと前にいろんなグッズを
ダンボール1箱どかーんと送りつけてくれます(笑)

内容はおむつ替えシートや哺乳瓶、
粉ミルク1缶、オムツ1パックなど
なんと$130相当!

普段なら個人情報を登録するのは
躊躇してしまいますが、
その価値は充分にあります。

カナダのママはおそらく全員利用しているであろう
このプログラム、まだだったら是非!

登録はこちらから↓↓
www.nestle-baby.ca




②babycentre.caに登録

babycentre.ca homepage

英語のサイトは面倒だからと、
日本語の情報サイトばかり見てませんか?!
カナダで出産する以上、お医者さんや助産婦さんとの
英語でのやりとりは避けて通れません。

予め英語で情報を仕入れておくことで
医療や育児の用語も覚えられるので
コミュニケーションがスムーズにできますよ。

またこのサイトの良いところは
アカウント登録しておくことで
妊娠中からさらに出産後も、
一週間ごとにメルマガで
発育の目安やその時々に必要な情報を
知らせてくれることです。

日本とは数え方が違うために
ややこしくなりがちな
妊娠期間のカウント(週数)も
ひと目でわかりますよ。

登録はこちらから↓↓
www.babycenter.ca




③チャイルドケアを探す&申込む

チャイルドケア

これに関しては私は完全に出遅れました(=o=;)
噂に聞いていたのは本当だった…

カナダのチャイルドケアシステムや
トロントでの現状については
また別の機会に詳しく書こうと思いますが、
とにかくトロントは
デイケアが不足中!!
なので入所まで1年待ちは当たり前!
人気のところではなんと2年待ちも…。

というわけで、
仕事への復帰を目指すママで
デイケアへの入所を希望する場合は
妊娠中、それも安定期に入ったらすぐに
申込むのが常識となっています。

まずは
いつから入所させたいのか
(乳児=infantクラスが一番受け入れ先が少なく、競争率が高い)
を決めた上で希望する地区のデイケアを探しましょう。

何件か目処をつけたら
直接コンタクトを取り(電話が多い)、
見学させてもらいます。

料金などはウェブサイトに載っていないことが多いので
この時に詳細を聞き入所の予約をします。

予約金は無料〜数百ドルまで様々ですが、
ここだ!と思う所があったら
生まれる前だろうが
復帰がいつからか決まってなかろうが

とにかく申し込むことをオススメします。

状況が変わったら
キャンセルできますからね。

詳細はこちらから↓↓
City of Toronto - Looking for child care
Child care locator(ロケーションから探す)





④チャイルドケアの補助金制度に申込む

上記のデイケア、またはホーム・チャイルドケアなど
チャイルドケアサービスに申し込む場合、
世帯年収によって政府からの助成金が得られます。

ただこの助成金制度も希望者が殺到しているため
審査が終わるまでかなりの時間が掛かる様子…。

申し込みの際には
どのチャイルドケアへ申し込むのか
第三希望まで記載する必要があるので、
まずはそれらを決め、それからすぐに申請しましょう。

詳細はこちらから↓↓
Child care fee subsidy





⑤小児科医を探す

カナダでは
お産が無事終わり、母子ともに健康であれば
翌日には退院となります。

また何らかの事情で退院が伸びた場合を含め、
退院して2日後には
小児科医に赤ちゃんを検診してもらわなければいけません。

カナダは飛び込みで専門医に掛かることはできないので、
退院直後フラフラの状態で病院探しをすることがないよう、
妊娠中に病院を決め、出産前に仮予約しておきましょう。

どの小児科医にかかるかは
以下のような選択肢があります。

(1)自分のファミリードクター
   大抵のファミリードクターは小児科医も兼ねています。
   家族の病歴などを把握しているためこれが一番簡単で安心です。
   自分の体調に関してもついでに相談できたりします。

(2)産科医に紹介してもらう
   産後長らく通うことになるので
   通いやすいロケーションの中から紹介してもらいましょう。
   妊娠中の定期健診の際に聞いてみてください。 

(3)自分のファミリードクターに紹介してもらう
   自分のファミリードクターが小児科医を兼ねていない場合は
   連絡をとって紹介してもらいましょう。




以上、長くなってしまいましたが、
お役に立ちましたでしょうか?
また何か思い出したら
随時追加していこうと思います。




ランキングにご協力いただけると嬉しいです♪

↓↓バナーをクリック↓↓



人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




Topic : カナダ
Genre : ForeignCountries

記事検索
プロフィール

くるお

Author:くるお
出来るだけ手間をかけずに長〜く続けることを目的とした日記ぽいブログ。
子供が生まれたので育児ネタ多めになってます。
リンクはご自由にどうぞ。

[5/9] Twitter始めました。主に更新をお知らせします→@Canada2Kurashi


くるおプロフィール

くるお
マイペース日本人
カナダ移住後サイディと結婚

サイディプロフィール

サイディ
イラン人。アゴが割れている
最近カナダ国籍を取得

あーさんプロフィール
あーさん
2014年夏に爆誕
ハーフだがけっこう日本人顔

ジズトトプロフィール

ジズとトト
カナダ生まれの双子の兄弟

★★★★★★★★★★★★★★

旧サイト
『カナダふたり暮らし』は
こちらから↓↓
canada2kurashi.blog.fc2.com

RSSリンク
リンク集
ブロともリクエスト

ブロともを申請する

ブロとも一覧
元カナダ駐在妻の帰国後生活
あれこれ in Toronto ***